FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロゴとブランディング

お店を今夏リニューアルします。

私たちが目指すのはお客様と蔵元様をより身近に結び付ける、「販売接客業」ならぬ「販売接着業」たる酒販店です。

既存の田舎の酒屋さんから脱却し、新たなスタートを切るため、ランサーズというデザインコンペサイトにて、100件以上の提案の中から一つを選び店のイメージロゴを作成してもらいました。

rogo.jpgロゴ2

酒の一文字を図案化し、歴史とモダンを融合させたマークは、個人的にはかなり気に入っています。

これで一人でも多くのお客様に野村商店のロゴを覚えていただければと。

「このロゴで、オリジナルの風呂敷か何かを作って、一升瓶を包んだら素敵だな…。」

などと、いろいろなことを考えてしまいます。(渉外・企画TSYK)


スポンサーサイト

dancyu日本酒大試飲パーティー

3月27日、dancyu主催の日本酒大試飲パーティーに行ってきました。

チケットの倍率が高かったため、急遽会場をグランドプリンス高輪の中の国際館パミール内「北辰」(とはいえ相当広い)から「崑崙」という最大面積の会場へ変更となったとのこと。
100327_0704141.jpg

2000名の大パーティーです。


100327_1242461.jpgプリンスの日本庭園を抜けて、


100327_1244261.jpg100327_1244441.jpg
開宴15分前に会場の国際館パミールへ到着しました。


100327_1254521.jpg
熱気に包まれる会場に入りビックリ。こんな広い宴会場初めてです…。軽く運動会ぐらいはできそうな感じ。

dancyuの創刊20周年とのことで相当気合が入っている模様です。

そして、乾杯の音頭は・・・・・

100327_130754.jpg

世界のヒデ(中田英寿)です。

たまたま舞台の近くにいたので近くで見ることができました(田舎者丸出し…)。

そしてメインの日本酒は80蔵以上が出店し、まさに全国の地酒を楽しめる会となりました。

100327_1439211.jpg


先日の花山さんのきき酒会でご挨拶させていただいた、初亀の橋本社長と再会。フラッグシップ銘柄の「亀」とともにパチリ。
初亀さんは、静岡らしい、非常にすっきりとした後味が特徴の「うまい」と心から言える私のお気に入り銘柄です。今度蔵見学をさせていただこうと思っています。橋本社長、その時はよろしくお願いします。

100327_1320481.jpg

御宿の銘酒「岩の井」の横坂杜氏にご挨拶。気さくな笑顔が素敵な杜氏さんです。

岩の井さんは21BYより杜氏が横坂杜氏に代わられたそうです。横坂杜氏はなんとあの日本酒の神様「常きげん」の農口杜氏のもとで働いていたそうです。岩の井の山廃は今後益々、要注目です。

横坂杜氏の持っているのは、杜氏の自宅の田んぼで育てた雄町で醸したそうです。今後日本酒もドメーヌの流れが加速するかもしれません。

他にも、初めて知った蔵元さんや素晴らしいお酒に今回も出会えることができました。

日本酒不況なんて言われていますが、日本酒復権の兆候を確かに感じることができる実り多いパーティーでありました。(渉外・企画担当 TSYK)










テーマ : 中小企業の経営
ジャンル : ビジネス

城下町「君津市・久留里」の地酒【福祝】

3月25日に蔵元見学に行ってきました。

生憎の雨模様でしたが結構「風情」が有ったかも知れません。

全体的に「古い」感じは受けましたよ。

でもそういう蔵こそ「旨酒」を醸し出すのかも知れません。


020-1.jpg
君津市久留里、城下町の蔵元「藤平酒造」(とうへいしゅぞう)と言います。

歴史感じる門柱ですね。石の名前は・・・判りません(ノ∀`)

018-1.jpg
こちらは酒造りに欠かせない「水」です。

飲んでみましたが、やはり違います!どう違うのか? それは・・・・・・・・・。

前に聞いた事がありますが、「酒造りに使用する水」は飲み過ぎる?と腹を壊すとか。

014-1.jpg
これは昔ながらの「ふね」です。

ここ「藤平酒造」では今でも絞りをこの「ふね」で行ってるそうです。

全国新酒鑑評会で、何度も金賞を受賞してますがそういった酒(純米大吟醸生酒)は

勿論【首吊り】です。

015-1.jpg
その「ふね」で、今まさに「絞ってる」酒です。

旨そうです。というより「旨い」でしょ。

ちょっと興奮しちゃって何を絞ってるのか聞くのを忘れました(ノ∀`)

でも「香り」が素晴らしかったのには感動物です。

また、写真で紹介出来ませんでしたが、蔵は白壁造りだそうです。

勉強不足でどういった効果が有るのかは残念ながら判りません。

でも1700年代から続く歴史有る蔵元です。

生産は「300石」と少量ですが、殆どが「純米酒」以上の規格商品ですね。

008-1.jpg
一応自分でも購入しました「純米大吟醸」です。

「福祝」の看板酒でしょうか。

当然まだまだ色々な酒も有りますが、今日はこのくらいの紹介になります。

一緒に行って説明してくれた「常務」の淳三さん。有難う御座いました。

ここ「藤平酒造」では、3兄弟が中心となって酒造りをしてる蔵です。

小売部で応対してくれた、おかみさんでしょうか

淳三さんと同じく歓迎してくれて嬉しかったですよ。(おまけも嬉しかったです(´т`)v)

又行きますので宜しくお願いします。


◎今日の担当は「店主 TYHK」でした。

テーマ : 現場にて
ジャンル : ビジネス

春のきき酒会

3月11日に地酒専門卸の花山さんの春のきき酒会に参加させていただきました。

会場は両国の第一ホテル。広い会場に20以上の蔵元様が参加し盛大に行われました。

出品されている日本酒のレベルの高さに驚くと同時に、日本酒が衰退しているなんて全く感じさせないほどの人・人・人だらけ…。
100311_1246381.jpg

花山さんで扱うお酒は、蔵の規模は決して大きくはないが日本酒にかける情熱と技は折り紙付きという、本当の意味で実力のある蔵元さんばかり。

みなさん酒類のプロですからきき酒は真剣そのもの。

どれも素晴らしいお酒でしたが、その中でも特に印象に残った銘柄がいくつかありました。

100311_1257071.jpg


更に、夜の蔵元さん・他の酒販店さんとの懇親会にまで参加させていただけることになり、貴重なお話と素晴らしい出会いがいくつもあり、非常に収穫の多い利き酒会でした。

帰路の電車の中で、必ずこういった蔵元さんのお酒を置けるお店を作っていこうと強い決心を改めてもった私でありました。

(渉外・企画担当 TSYK)

テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

はじめまして野村商店です

どうも皆様はじめまして。房総半島の田舎町にて酒屋を昭和4年からやっております。
今夏にリニューアルを予定しており、こだわりの地酒を置いた小さくてもキラリと光る店づくりをしていきたいと思っております。リニューアルに向けたよもやま話をこれから記録していきたいと思います。

テーマ : 企業経営
ジャンル : ビジネス

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。