FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リニューアル準備」その5~内装工事~

少し間が空きましたが、毎日準備に大忙しです。
前回の更新から店内の整理へと「舞台」は移ります。

古い什器にお別れし、店内が広くなりました。
033_20100626222207.jpg

この時点ではまだカウンターや冷蔵庫はそのままです。
人手不足で、動かせません・・・。
035_20100626222206.jpg


大変申し訳有りませんが、途中の画像が無かったので
いきなり、「内装工事」に入った画像です^^;

ここからは「職人」の仕事になります。
勿論我々は手出しはしません。(口は出しますけど・・・。)

良い色の壁紙だと思いますよ。
これは、渉外が夫婦で選んだ色ですね。落ち着いた感じでとても雰囲気が出てます。
036_20100626222206.jpg


勿論、自分等は他の仕事をやってました。
毎日夜になるまで(え?当然ですか^^;)

「職人の奥さん」が、また掃除に精を出してくれまして。
換気扇ですが「新品買ったんだ。」と間違われる位、ピカピカですよ!

他にも「窓枠」から「スイッチ類のカバー」等色々と新品同様に磨いてくれました。
感謝です!
037_20100626222206.jpg


この画像は本日の物ですが、「クッションフロア」を貼ってるんですね。
「雑巾がけ」では有りませんので^^

見てると簡単そうなのですが、意外にも「力」を使うんですよ!
この「職人」は、キャシャに見えますが結構筋肉有ります。
若さも有るので、自分には到底真似出来ません。

自分たちの仕事をやりながら、合間合間に見てましたが
結構ハードな仕事だと感じました。
038_20100626222205.jpg


貼り方にも、その人独自の方法も有るそうです。
技を盗んだり、自分で考えたりと。
何でもそうだと思いますが「試行錯誤」する事が大切ですね。

壁紙もそうですが、このクッションフロアの模様も素晴らしいです!
まるで「木」そのものです(オーバーですかね)
でも今までとは全く違う店になりますよ!


結局本日、夜7時過ぎまで掛かり、壁と床の内装工事が無事終了しました。
本当にお疲れ様でした。
039_20100626222205.jpg

明日はカウンター等を設置し、店内のレイアウトを少しづつ勧めます。
その模様を伝えられればアップしますので。

今日も色々な方に助けられました。
本当にお疲れ様&有難うございました!!!


スポンサーサイト

「リニューアル準備」その4~素人ペンキ屋~

昨日に引き続き、外壁です。
今日は「下塗り」です。

今にも雨が降る空模様でしたが、「何とかなるべ」と決行しました。
今日はまた違う「助っ人」が来てくれまして^^
こういう姿は職人ですね。
018_20100620215323.jpg

一応下塗りが終わったのですが、ここで問題が・・・。

それは「ムラ」なんです。
019_20100620215322.jpg

だけど「素人」がやってるんで、仕方無いですね。
「ノムラ」なので「ムラ」が有ってもいいんじゃないですか?
(オヤジギャグですいません^^;)
022_20100620215322.jpg

だけど、「良い色」だと思いますよ。
素人の割には上手く塗れてると思います。

ムラの原因なんですが、
「ローラーの使い方」が間違ってたそうなんですね。

知り合いの「電気工事業者」の人間が言ってました。
素人はローラーを「上下」に動かすんですね。
(確かにそうでした)

しかし、プロは「斜め」に使うそうです。
何故か知り合いはそういう事まで知ってました。

始めから知っていたら、もうちょっと上手く塗れたんでしょうね。
その辺は上塗りで生かしたいと思います^^

明日も天気は良い方向らしいので、出来れば上塗りをと。

でも出来るかどうかは・・・。

「リニューアル準備」その3~外壁とプレハブ冷蔵庫~

本日より、リニュアールオープンまでの約2週間、
店を閉めての準備に入りました。

その第一段階、「外壁のペンキ塗り」を。
その為に古い看板を外し、高圧洗浄機で掃除です。
IMG_0484.jpg

結構簡単に外す事が出来ましたが・・・
「汚い!!!」
それもそのはず、長年の汚れがずいぶんと溜まっていました。
IMG_0488.jpg


しかし「高圧洗浄機」で洗い流すと「綺麗!」と驚きました。
水の力とは凄いものだと感じました。IMG_0486.jpg

その後、シーラーという下地をローラーで塗り外壁は一応終了。
天気が目まぐるしく変わる日でしたが、結果的には思わぬ展開となりました。


あとは、「プレハブ冷蔵庫」です。
IMG_0480.jpg

昨日までこの段階まで作り、今日完成させました!
その後、電気工事も終わり、目出度く完成!!!
「職人」の力を出し切り、無事に冷却出来ました^^
(冷却出来て当然なのですが・・・)
IMG_0490.jpg


本当に今日は暑く、自分は何度もバテましたが、若い力でここまで出来ました。
感謝、感謝です!

途中、2軒ほど営業に廻りまして何とか1日目が終わりました。
みんな、「お疲れさまでした!」

まだまだ長い道のりですが、みんなの協力を得て頑張って行きます!

「リニューアル準備」その2~新しい看板~

リニューアル後の新しい看板が……
ついに届きました。あまりの素晴らしさにしばし感傷…

100616_2043181.jpg

看板に負けないよう新しいスタートを切ります!

「リニューアル準備」その1

6月に入り、急ピッチで準備が進みます。

その一つで大事な「プレハブ冷蔵庫」の設置が有ります。

そこへ保管管理しなければなりませんからね。

その置き場である店舗脇の車庫の一角を整備しました。
017_20100614111431.jpg

上の様に掘り進め、一定の高さに。

その後、
028_20100614111430.jpg

「職人」の手により、枠組みが完成。

多少、「誤差」が生じまして・・・(そこはご愛敬です^^)

その数日後、天気の良い日に生コンを流しました。
034_20100614112806.jpg


この時には自分等も手伝いまして、数人で生コンをダンプから流しました。

時間との勝負なので、固くなる前に且つ余りコネ過ぎない様にスコップ等で下ろしました。

037_20100614111430.jpg

有る程度流し終えたら、又「職人」によるならしです。

洗練された「コテ技術」を駆使し、スイスイと平坦にならして行きます。

ここまでくると自分たちの出番は終わりですね。
048.jpg

流し始めから数十分でご覧の様に、綺麗になりました。

流石「職人技」です!

058.jpg

翌日には有る程度固まりまして、ゴルフボールを使って斜めでは無いか確認してみました。

結果は「OK!」です。

これだけの事を、工務店等に頼めば幾ら掛るか判りません。

しかも、融通が利かないですから。


一応これで、プレハブ冷蔵庫の置き場は完成しました。

まだまだ、準備は続きます。

乞うご期待?

秋田銘蔵めぐり その2~天の戸(浅舞酒造株式会社)~

秋田銘醸蔵めぐりの2日目は、天の戸のブランドで知られる浅舞酒造です。

天の戸さんは蔵から5キロの酒米宣言を行っています。
酒造りは米作りからという信念をお持ちになりJA秋田ふるさと平鹿町酒米研究会というグループを作りとことん地元に拘った酒造りをされている蔵元様です。

山田錦を使用する蔵元多い中、天の戸さんは地元の「あきた酒こまち」「吟の精」といった秋田県の酒造好適米を使用することも特徴の一つです。

蔵元の柿崎さんと杜氏の森谷さん、スタッフの皆様の信念が本当に貫かれています。

当日は、製造部長の柿崎常樹さんに蔵を案内していただきました。
027_20100530152704.jpg028_20100530152704.jpg029.jpg

早速案内されたのが、酒造りに使われる井戸。クリスタルのように透き通るような超軟水です。その水の影響で、酒質そのものも後味が軟らかくなっているそうです。ちなみに酒米も同じ水系の水で育てられるというトレサビリティーの先駆けのようなことを昔から実践されております。


031_20100606122139.jpg
蔵の入り口には使用されている酒米が展示されています。実際にこれだけの酒米の稲穂を見るのは初めてです。草丈の高さから酒米の栽培には飯米にくらべ非常に御苦労が多いとのことです。

033.jpg034_20100606122139.jpg
蒸場の和釜と放冷機です。米は秒単位の限定給水で水分量を綿密に計算してます。

036.jpg
麹室です。昔ながらの麹蓋がたくさんあります。

035.jpg
槽は2台あり様々な改良が施されています。

037.jpg
仕込みタンクです。万が一の落下防止の安全対策もしっかりされており、流石と思わず思いました。

038.jpg
ビン詰ラインです。私が伺った時もビン詰は休まず行われていました。

041.jpg
一通りの見学を終えた後、試飲をさせていただきました。個人的には、大人気の「美稲(うましね)」と「純米吟醸亀の尾」、そして大吟醸を気軽に飲んで欲しいという蔵元様の想いから造られた「大吟45」が気に入りました。

天の戸さんは昔ながらの製法と地元秋田に根差した酒造りを行い、県内外からも非常に高い評価を得ている心技体の揃った蔵元様です。

当店は幸運にもこの度、蔵直でのお取引をさせていただくことができるようになりました。天の戸のスタッフの皆様、今後とも末長いお付き合いをお願い申し上げます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。