FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この時季ですが「うぐいす」が大きくなりました

金木犀の香りもいつの間にか消えてます。

大多喜は朝晩は涼しくなりました。

夜長には日本酒でゆったりする良い時季かも知れませんね。

そこで「秋上がり(ひやおろし)」2品の紹介です。

まず「庭のうぐいす・うぐいすラベル(純米吟醸)福岡県、山口酒造場」からです。

こちらは1800mlで、2990円(税込み)となります。

003_20101018100550.jpg

夏に紹介しました「雑穀甘酒」を覚えてますでしょうか?

この時季からは「温めたり」して又違った味わいを楽しめます。

その「雑穀甘酒」を造ってる蔵元さんです。

ネーミングも然ることながら、その味わいにもこだわったファンが居ます。

春先に搾られた時より、熟成が進んだこの時季「うぐいす」も成長しました。

特別純米よりも、スッキリ飲めるのがこちらだと思います。

冷やから燗まで楽しめます。

001_20101018100550.jpg


もう1品が「杜の蔵・純米秋あがり(福岡県、杜の蔵)」です。

こちらは720mlで、1155円(税込み)です。

どちらかと言えば「冷やから常温まで」で楽しむ方が無難かと思います。

しかし「燗が駄目」という訳では有りません。

ぬる燗位までは、この酒の風味が損なわれないかと。

004_20101018100550.jpg

口当たりはやさしくするりと飲めるタイプで

日本酒は苦手だという方にも美味しく飲んでいただけるかと思います。

006_20101018100550.jpg

日本酒は「熟成」されながら、微妙に香りや味が変わります。

尚且つ飲用温度帯によっても又様々な舌触りやのど越しを楽しめます。

そんな変化を四季で感じられる「日本酒」に乾杯ですね。


※今回紹介しました「秋あがり・冷やおろし」は数量限定となります。品切れの際はご容赦下さい。

スポンサーサイト

テーマ : そのまんまPR
ジャンル : ビジネス

「千葉の酒フェスタ2010」~IN幕張~

「10月8日(金)17:30より(受付17:00より)」


会場は千葉市の幕張にある「東京ベイ幕張ホール」で行われました。

当日の体調が唯一の気がかりでしたが、何とか行く事が出来ましてホッとしています。

参加した蔵元は「20蔵」で、まさに千葉を代表する蔵元ばかりでしたよ。

参加人数が多かったせいか、一つ一つの蔵のブースが狭かったのかちょっと戸惑いましたね。

しかし、すぐに雰囲気にも慣れお世話になってる蔵元へ挨拶に行きまして、多少の利き酒をさせてもらいました。

しかし、流石に長くは話は出来ません。

こういったイベントでの立ち居振る舞いって結構難しいな、と思いましたよ。

我々参加者は好きに選べますので何の事は無いのですが、蔵元はそういう訳にはいきません。

訪れる参加者に分け隔てなく接しなければならいのですから。


自分としては、又こういう機会を大事にしたいと思いました。

蔵へ直接行く事は勿論の事ですが、大勢の方と接してる蔵の関係者の又違った努力が感じられましたので。

偉そうな事を言える立場じゃないですが、一つ勉強になった事は事実です。

また、新たに気になった蔵の酒も有りましたので、今後取り扱える事が出来るのか交渉したいとも思いました。

テーマ : 地域活性化のために
ジャンル : ビジネス

「香り」~大事なもの~

10月を迎え朝晩はすっかり涼しくなりました。

が、昨日、今日と日中は何という暑さでしょうか。

衣替えをしようにも中々出来ません。体調もイマイチでして、思うように動けない状況です。

そんな時に心を癒してくれる「香り」があります。

今年は少し遅い感が有りますが。

005_20101005115231.jpg

金木犀です。最近はよく植えられてる樹木だと思います。

車で窓を開けて走ってると、どこからともなく香ってきますよ。

田舎ならではの光景でしょうか。

近くでまじまじと見たのは久しぶりで、「あ~こうだったんだ」と改めて花の付き方を見ました。

自然の中にいても、忘れてしまうものって結構あるような気がします。

006_20101005115230.jpg

この木は、うちの前の家の庭に植えられてるんです。

毎年、この時季になると「あ~秋なんだなぁ」と思いますもん。

以前はうちでも植えてあったそうですが、今では栴檀(せんだん)が大きく庭を覆ってます。

こういった「自然の香り」は良いものですね。

002_20101005115230.jpg

店のドアや窓を開ける度に、優しく鼻孔をくすぐります。

香りって結構大切だと思いました。


ここで比べるのはおかしいのですが、日本酒の香りも良いものだと思います。

蔵元の環境などにより色々ですが、醪(もろみ)の香りは独特ですよね。

搾った後の酒粕もそうです。そして酒の香り。

これからは「燗」にも良い季節になります。

温度によって様々な表情をみせる日本酒が、益々旨い時季になります。

テーマ : 日記
ジャンル : ビジネス

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。