スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

本日は水曜日で定休日ですが、明日の11月18日(木)も休ませて頂きます。

私用で大変申し訳ありませんが、連休致しますのでご了承下さい。


もう一点忘れてはならないお知らせです。

先日記載しました「竹泉・純米吟醸・雄町」ですが、店内にて「試飲」出来ます。

勿論試飲だけでも何ら問題有りませんが、興味のあるお客様には違ったご提案を致しますよ。

大袈裟な提案では有りませんので、過度の期待はしないで下さいね。

試飲の際、「あるもの」を一緒に合わせて頂きたいと思ってます。

「あるもの」とは珍しいものでは有りません。

また、嫌だと思いましたら無理にお勧めも致しませんので。

ちょっとした遊び感覚でおいで下さい。

それでは明後日以降のご来店をお待ちしております。

スポンサーサイト

テーマ : お知らせ
ジャンル : ビジネス

お歳暮・ギフト~野村商店オリジナルセットを~

先だって、店のスタッフと色々相談し、小さいながら「ギフトコーナー」を設置しました。

特設コーナーを設けオリジナルギフトボックスを使用して陳列してあります。

是非紹介したいギフト商品としまして「梅酒セット」を。

002_20101112202249.jpg

写真左側が「竹泉(ちくせん)純米酒漬け梅酒」です。詳細はこちらをご覧下さい。

今や当店の看板商品となっています。エキスが濃厚、それでいてすっきりとしているイチオシの梅酒です。

購入された方が「旨かった」と言って貰える事が一番嬉しいですね。

この梅酒を製造している兵庫の田冶米(蔵元)さんにも感謝です。

右側が、熊本の「球磨焼酎(くましょうちゅう)」で有名な「文蔵」さんの梅酒です。

こちらは可愛いラベルとは裏腹に「ガツン!」とくる梅酒です。

試飲して判りましたが「これぞ焼酎で付けた梅酒」といった感じです。

しかし、始めはそう思っても、2杯、3杯といくうちに・・・。

不思議と嫌味が無く、慣れるとそれこそ虜になってしまうといった感じですね。

竹泉の梅酒とは正反対にも思える味わいが特徴です。

飲み比べると面白いと思いますよ。

この他にも色々な組み合わせが出来ます。

例を挙げますと、

■梅酒+日本酒セット【竹泉・梅酒と竹泉・純米山田錦、価格「3300円」】

■梅酒+梅酒セット【竹泉・梅酒と文蔵・梅酒、価格「4200円」】(写真を参照して下さい)

■日本酒+甘酒セット【天の戸・五風十雨(ごふうじゅうう・純米吟醸)と雑穀甘酒、価格「2500円」】

とこんな感じで、当店こだわりの商品を、お客様が気に入った商品を、

又ご予算に合わせて組み合わせる事が出来ます。

以上は「720ml(4合瓶・一部500ml)」での組み合わせですが、「1升瓶×2本」での組み合わせにも対応しております。

前もってお知らせ頂ければ、こちらでご提案もさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

是非この機会に「野村商店オリジナルギフト」をお試し下さい。

005_20101112202248.jpg

変わりまして上の写真が、新たに入荷しました「竹泉・純米吟醸・雄町」の1800ml瓶です。

720ml(4合瓶)は既に店頭に有りましたが、

720mlで購入されたお客様のご要望にお応えしまして取り扱うこととなりました。

竹泉のガツンとくる酸のアタックに雄町の濃厚な米の膨らんだ旨みを感じられる飲み応えのある味わいです。

簡単に言いますと「舌で感じる旨みの幅と、のど越しが違います。」

価格も「2990円(税込)」とお求めやすくなっています。

720mlで飲んでみて「旨いのでもっと飲みたい」と言ってました。

飲食店様にもお勧め出来る酒だと思います。


テーマ : そのまんまPR
ジャンル : ビジネス

「未来のお客様」~社会科見学~

昨日ですが、店の開店時間と共に「小さなお客様達」が来店しました。

裏の小学校の生徒と引率の先生です。

この小学校は、店主である自分の母校でもあります。

自分の時代から色々社会科見学は有りました。

その流れは今でも続いてます。うちに来るのも今年で4年目になりました。

生徒たちの自己紹介が終わり、早速色々質問を受けました。

その後に「皆さんに飲んでもらいたいのですが」と、雑穀甘酒を。
001_20101105094456.jpg

「あま~い!」  「おいしいね」   「なんだこれ?」

生徒たちの率直な感想が出てきますね。この辺は遠慮なしです。

みんな、こうじの甘酒を飲んだ事は初めてだと言ってました。

又こういった体験も初めてだとも。

ちなみに今回来訪した生徒は、みんな2年生です。

引率の先生はなんと、校長先生でした!

003_20101105094455.jpg

校長先生は「凄い酒が揃ってますね!」と感嘆の声を。

日本酒は好きですと言われまして、今度是非寄らせてもらいますと嬉しい言葉も頂きました。

生徒たちは所狭しと、自分に興味ある品物に近づきます。

002_20101105094455.jpg

スーパーやコンビニとは違う、昔ながらの酒屋というのでしょうか、

小さな小売店は珍しくなりましたから。

そういった佇まいにも興味を持った様子でした。

005_20101105094455.jpg

最後に店の前で「記念撮影」をして、学校へと帰って行きました。

空は晴れてはいませんでしたが、心は清々しい気持ちになりました!

「子供たち」の素直な気持ちが伝わり、酒の飲める年齢になった時には

「野村で旨い酒でも」と思われる酒屋になっていたいと。

それまでもっともっと魅力あふれる店にしようと、改めて気合いが入いりました。

テーマ : 地域活性化のために
ジャンル : ビジネス

「大多喜町商工会」の会員として

11月に入りまして各地の蔵元も活発化してきます。

大きな蔵元は既に始まってます。

千葉県内の各蔵元さんも忙しい時期になりました。

当店もその様に忙しくなれば嬉しいのですが、まだまだ日々勉強です。

その勉強の一環になるかも知れない「商工会」という組織が各市町村に有ります。

昨日、今日とその商工会にて仕事が有りました。

「プレミアム商品券」という消費者の方にとって、お得な商品券が有ります。

色々な自治体で行われてる事業ですが、大多喜町でも扱い始め6年目を迎えました。

詳細を話しますと長くなりますので割愛致しますが。


商工会の事務局と、小売業者が中心となり進めています。

事務局の力が無ければ出来ない事業でもあります。

ですから、そういった方々の情報というのはとても重要なんですね。

異業種、他地域といった自分達では集められない情報が有りますから。

同じ職種でも、その店により打ち出す色が違います。

今の時代ですから当然かも知れませんね。

人と同じ事をやっていても、大きな成長は望めないでしょう。

有る程度リスクを侵さないと、成功は得られないのかも知れません。

後は自分がどれだけ努力出来るか。だと思います。


そういった事を含めて、色々な勉強が出来る場所なんです。

2日間といった短い期間、実際は数時間ですが雑談の中にも色々なヒントが有りますよ。

皆さん忙しい時間を割いて、こういう事業に参加しています。

それはやはり自分のためになる事だからだと思うのです。

自分もこれからの営業などに生かしていこうと思いました。


※明日は祝日ですが、定休日のため店は閉まってますのでご了承下さい。

明後日木曜日は、裏の小学校の生徒達が社会科見学で当店を訪れます。

ちびっ子パワーを貰って大きな力に変えます!

テーマ : 地域活性化のために
ジャンル : ビジネス

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。