スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪柳、桜、菜の花

昨日東京で染井吉野の開花が見られたとのことで

それならと思い、自室の窓越しから見える風景を。


家の真裏が小学校でして、方角は南東になります。

見事に咲き誇りました「雪柳(ゆきやなぎ)」です。

これはうちの庭に咲いています。

007_20110329181117.jpg

中国原産のバラ科で、大体3月中旬~4月上旬までが見頃です。

名前の由来は、「葉が柳の葉に似て細長く、

枝いっぱいに白い花を雪が積もったように咲くところ」からきています。

また、花がいっぱい散ったあとの地面も

雪がパラパラと積もったように見えるのも特徴ですね。


続いては裏の小学校の庭に咲く「桜(染井吉野)」です。

まだ蕾ですが毎年綺麗な花をつけて、窓越しに花見が出来るんですよ。

まさに特等席ですね。

夜になれば部屋の灯りを落とし、月でも出ようものなら格別です。

今年はまだ梅が散り切っていないのが少々おかしいと思いますが。

006_20110329181116.jpg

次は窓越しでは有りませんが、小学校の裏手からショッピングセンターに向かう途中です。

いすみ鉄道という第3セクターです。

元は「木原線(きはらせん)」という、旧国鉄時代の重要な交通網でした。

しかし、人口減少と自家用車の大幅普及により、慢性的な赤字経営で廃止対象になってました。

色々と廃止反対運動も行われましたが、昭和63年に廃止となり現在のいすみ鉄道となったのです。

010_20110329181116.jpg

今では沿線の各自治体等の協力により、毎年菜の花の種を撒き、

観光客の皆様の目を楽しませる努力をしています。

009_20110329181116.jpg

また、桜が満開の頃には黄色と桃色のコントラストが素晴らしいですよ。

これから暖かくもなりますので、是非一度おいで下さい。

日本酒をお供に、車窓を肴にするのもまた風情があるかと。

スポンサーサイト

テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

近況報告です

先週は大多喜でもガソリン給油がままならず、仕事も進みませんでした。

それでもいすみ地域は良い方で、茂原市や一宮町、長南町といった長生郡市よりも

計画停電や給油状況は恵まれています。

週末に茂原、一宮のお取り引き店様に配達に行き現状をお聞きしました。

やはり、店を開けててもお客様の入りが悪いそうです。

又、一宮では海岸線で、20数件(これは一般の家も含め)が、

津波の影響で床下浸水したそうです。グラウンドも水に浸かった様子です。

幸いにも被害は少なかったようで、少しはホッとしました。

当店でも出来る事はやろうと思い、店内照明を落とし、冷蔵庫の照明は消してあります。

また、外に設置してあります5台の自販機照明も、蛍光灯を半分にしました。

お客様にはご不便をお掛けしていますが、ご了承願いたいと思っています。


地元では年度末という事で、一昨日、昨日と各地域で集会等が行われました。

役員改選や総会といった類いです。

そういった場で、飲み物の配達を承り有り難く思いました。

不安は拭い切れませんが、一歩づつ先を見ながら出来る事をやろうと改めて思いました。

テーマ : 社会・時事問題
ジャンル : その他

被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます

この度の「東北地方太平洋沖地震」、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。

千葉県も成田市や印西市では震度6を記録しました。

大多喜町も震度4(体感ではそれ以上)はあったと思います。

幸いにも当店では被害はかったですが、近所のスーパーでは棚から商品が落ちたそうです。


昭和62年「千葉県東方沖地震」が起きた時には、壁棚の酒や焼酎が床に数本落ち、

3面のリーチイン冷蔵庫の足が、土台のコンクリート台よりずれ落ちました。

家屋の瓦屋根はずれ落ち、ブロック塀が倒れたりもしました。


その後、忘れる事の出来ない平成7年の「阪神淡路大震災」や

平成19年「新潟県中越沖地震」(平成16年にも)など、被害が大きな地震に見舞われてます。

海外でも記憶に新しい「ニュージーランド地震」も有ります。


今回の地震では地震の揺れで起きた被害も然ることながら、「津波」の怖さを思い知らされました。

平成5年の「北海道南西沖地震」で、奥尻島での津波の被害も思い出しました。

一瞬で変わる風景、亡くなる命。無念だと思います。

宮城県仙台市、岩手県大船渡市、福島県相馬市の津波映像を見て恐ろしさを覚えます。

余震も1ヶ月は用心しなければならないそうで、予断は許しません。

国内観測史上最大のマグニチュードを記録した今回の地震の被災地の皆様、

本当に心よりお見舞いを申し上げます。

テーマ : 社会・時事問題
ジャンル : その他

蔵元訪問~御宿町・岩の井「岩瀬酒造」~

本日「岩の井」でお馴染みの御宿町は岩瀬酒造さんにお邪魔しました。

横坂杜氏に変わりまして2年目の酒造りです。

平成21年度「雄町米」で醸された山廃純米生酒は、印象に残る酒でした。

本年度は、また違った米で醸した酒が出来上がっております。

その紹介は後日改めて致しますのでお楽しみにして下さい。

蔵は当たり前ですが、まだまだ忙しく動いています。

搾りや、ビン詰めも行われていました。

021_20110310232225.jpg

上の画像は、現在搾っています「山廃辛口」(普通酒規格)です。

社長が利き猪口に酌んでくれました。

香りは抑えめですが、新酒らしい華やかさが少し感じられました。

口に含むと舌の上で「ピリピリ」と暴れまわり、控えめな酸味が顔を出します。

その後まろやかな甘さが来て、最後はスーッとキレていきました。

やはり搾りたてはたまりません。


電話で約束はしてありましたが、やはり商品発送や急な来客がありますので、

社長はじめ、杜氏も忙しくしており本日はゆっくり話す事は出来ませんでした。

本日は忙しいなか、本当に有難うございました。

テーマ : 現場にて
ジャンル : ビジネス

異業種に学ぶ

いつもは店の中の出来事が中心ですが、今回は配達先での事です。

昨日の事ですが、午後から配達先の車の整備工場の社長と話をしました。

以前町の商工会青年部で一緒に活動してまして、色々お世話になった一人です。

社長の従妹である専務と仲が良いので、結構親しくさせてもらってます。

その専務から電話をもらい、配達に行った時でした。

普段は余り話をしない人ですが、昨日は何故か自然にといった感じでしたね。

社長曰く「今年は○○をやるんだ」と、目標を語ってくれたのです。

「あれ?いつもと違うな」と思いながらも、お互いに聞きそして話しました。

気が付いたら30分位は話していたでしょうか。

業種や規模は違いますが、物販の難しさ等共感する話題もありました。

今度は時間を取って話をしましょうと言い帰って来ました。

勿論「酒を交わしながら」

テーマ : 現場にて
ジャンル : ビジネス

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。