スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激動の2011年

本日も無事に閉店致しました。

今年一番の収穫は「イベント参加」でした。

今まで自店のみの小規模なイベントは少しやってましたが、

様々な職種の方と一緒にというのは初めての事でした。

商工会青年部に在籍していた頃は、同じ様なイベントに参加してましたので

多少のやり方や、お客様の接し方にはスムーズに出来ました。

しかし商品搬入や備品等の準備には手こずりましたね。

勉強になったのは確かです。

今後はもっと色々な方とコラボして行く予定です。


2011年、日本にとっても世界にとっても激動の1年だったと思います。

でも各々の力で乗り越えて、2012年を迎えられる喜びに感謝です。

前を向き一歩一歩進んで行きたいと改めて思いました。

又、今年新たにお取り引き頂きました料飲店様、お客様に感謝致します。

来年も更に新規の料飲店様、お客様に良きご提案をして喜んで頂けるよう努力致します。

最後になりましたが、お世話になっています蔵元様に感謝です。

昨年と同じ感謝という言葉になりますが、これは当店にとって必要不可欠な言葉なんです。

それでは来る2012年が皆様に良い年になりますようお祈りいたします。

良いお正月をお過ごしください。
スポンサーサイト

テーマ : 現場にて
ジャンル : ビジネス

2011年最後の商品紹介です~子宝リキュール・ゆず~

色々な出来事が有りました2011年もあと2日です。

本年最後の商品紹介となりますが、子宝リキュール「ゆず」のご紹介を。

001_20111229224610.jpg

高知県産のゆずをた~っぷり、贅沢に使用してあります。

これぞ「子宝のリキュール!」と言える「濃い」逸品です。

今までの「ゆずリキュール」の良いとこどりと言えるのではないでしょうか。

これはあくまでも個人の感想ですが、果実感たっぷりの子宝リキュールの中でも

一番「アルコール臭くない」リキュールだと感じました。

003_20111229224609.jpg

鳥海山麓ヨーグルトの斬新さに驚き、番外編マンゴーのトロトロ感に感激し、

月山の山ぶどうのフレッシュさに圧倒されました。

また庄内砂丘のいちごの「まんま」にも拍手でした。

しかし、それらのリキュールにはどうしてもアルコール感が後から来るんです。

勿論リキュールですから当然ですよね。

ところがこの「ゆず」に関しては・・・。

002_20111229224609.jpg

これは個人的な見解ですが、「適度な苦味」が理由ではないかと思います。

「ゆず」の酸味はタップリ有ります。甘味も感じられます。

しかし他のリキュールには無い唯一の味、それが苦味です。

嫌な苦味ではなく、柑橘系ならではのスッキリした苦味がポイントだと。

マンゴーや山ぶどうのフレッシュな甘さが特徴のリキュールとは一線を画してますね。

うっかりすると飲み過ぎるのは必至です。

また、多少脂っこい料理と一緒に楽しめるのでは?とも思いました。

酸味と苦みがサッパリと流してくれるのではないでしょうか。

リキュールでも食中酒として楽しめる一本だと思います。

※近所の創作レストランあん風さんでも取り扱ってもらってます。

価格ですが、720ml 1,575円(税込み)となっています。

飲み方ですが、スタンダードにそのまま冷やしたりロックで。

また炭酸割りもさらにサッパリして良いと思います。

テーマ : そのまんまPR
ジャンル : ビジネス

2011年新酒のお知らせ~竹泉・特別純米五百万石~

冬至も過ぎ続々と平成23BYの新酒も出てきています。

当店の人気商品でもあります、兵庫県は「田冶米」さんから竹泉の新酒が入荷しました。


特別純米・五百万石・無濾過生原酒です。

昨年も好評だった酒です。

008_20111222135504.jpg

炭素濾過はしない田冶米さんの拘りが表れており、酒の色はほとんどが山吹色ですよ。

利き猪口に注げば一目瞭然で、他の酒との違いが直ぐに判ります。

010_20111222135504.jpg

生酒のフレッシュさに、五百万石のキレとコクがバランスよく表れて

料理との相性は勿論、そのままでもゆったりと飲める酒になってます。

011_20111222135504.jpg

価格は昨年と変わらず、1800mlのみですが 2,730円(税込み)となります。

他の新酒もご紹介していきますので、ご期待ください。


※年末年始の当店の予定です。
休日は元日のみで、大晦日12月31日までは年内休みは有りません。
新年は1月2日より営業致します。

テーマ : そのまんまPR
ジャンル : ビジネス

12月11日(日)イベント報告~INいすみ鉄道・国吉駅~

一昨日の12月11日(日)、いすみ鉄道国吉駅前広場(駐車場)にて

快晴の下「キハ運行1周年記念イベント」が行われました。

「キハ」と聞いてもピンと来ない方が多いと思います。

旧国鉄時代に「大原」~「上総中野」間を運行していた「木原線(きはらせん)」の

気動車として使用されていた型式名と同じ名称なのです。※写真一番最後がそれです。

詳しくはここをクリックしてください。

004_20111213180817.jpg

イベント開始予定の時間(午前10時)を少し過ぎてから、

いすみ鉄道応援団長であり、当店にこのイベントのオファーをくれました「掛須」さんの挨拶、

また「鳥塚」いすみ鉄道社長(後姿ですいません)の挨拶がありました。

まだこの時点では人はまばらでしたね。

模擬店の出店場所は上の写真左手に60メートル位の屋根付き駐輪場が有りまして、

そこを10区画位に区切り出店しました。


当店では「日本酒3種類呑み比べセット」と、その3種類の4合瓶の即売です。

この日は寒いとの事でしたので急遽石油ストーブを持参し、お燗も楽しめる様にしました。

いすみ鉄道のイベントという事で、銘柄は沿線の「大多喜城・本醸造原酒」

大原は「木戸泉・純米醍醐」、もう一品が「稲花・特別純米絆」の3種類にしました。

10月に一宮の玉前神社参道で行われた「さすが市」の経験を踏まえて、

持参した即売用の酒は全て4合瓶にしました。また当店のPRも兼ねて子宝リキュール、

梅酒の鶯とろ、雑穀甘酒も少し陳列させてみました。

店頭には数本置き、在庫は奥の発泡スチロール箱に保冷剤と共に保管しておきました。



016_20111213180817.jpg

当店は一番奥の場所に陣取ったんですが、ここが結構穴場だったんです。

何故ならこの奥に「旧車展示」やボンネットバスの停留所が設置されたからなんですね。


009_20111213180816.jpg

さて今回のイベントの目玉の一つでもあります「ボンネットバス」です。

小学生位だったでしょうか、記憶の隅に有りました。

ただ大多喜を走っていた形とは多少違うと思います。

それぞれの会社により型式や、恰好が有りましたから。



その隣にはこれまた懐かしい3輪トラックです!

運送会社で使用されていたのでしょうか、それでもまだまだ走れます。

その他にも「三菱デボネア」や「フォルクスワーゲン」のワンボックス等が数台。

好きな方には垂涎物の車が数台有りました。

しかも試乗出来たんですね。数人で交代しながら駅前から街中を走ってました。

時間が許せるなら乗ってみたかったなぁとも思いましたね。

014_20111213180816.jpg

最後になりましたが下の写真が今回のイベントの目玉でもあります

「キハ35系」の気動車です。正確には「35系」ではないかも知れません。

木原線のカラーリングはツートンではなく「オレンジ」1色だったと思います。

しかし、このキハは敢えて色を変えずに運行させてるのです。

それでもファンは多く既存の黄色のいすみ鉄道同様、ホームに到着すると

カメラを持っておもいおもいのアングルで写真やビデオを撮っていました。

013_20111213180816.jpg


午後からは1時過ぎから3時過ぎまで、ライブが行われて無事にイベントも終了しました。

当店単独でのイベント参加は初めてでしたが、収穫は充分でしたよ。

東京から来た電車好きな方、秋葉原と勘違いしてるのかコスプレの女性。

写真を撮るのはNGとの事でしたが、しっかり酒を味わってくれました。

そういった遠方の方の他にも近所の方や隣町の方、一の宮さすが市で知り合った方等、

直にお客様の声を聞くことが出来て大変嬉しく思いました。

また機会が有りましたら是非参加します!

いすみ鉄道応援団の方々のお力添えも加わり、大変有意義な時間を過ごせて感謝致します。

テーマ : 現場にて
ジャンル : ビジネス

「美稲八〇」完売のお知らせ~天の戸・秋田~

天の戸には「美稲八〇(うましねはちまる)」という精米歩合80%の純米酒があります。

美山錦を使用し、米を磨かない事を誇りに旨い純米酒を醸しています。

価格も1升2,000円と群を抜くコストパフォーマンスの高い酒です。

その「美稲八〇」が好評により今季分完売致しました。

残念ながら来年の初夏までは店頭にその姿は有りません。

しかし!天の戸は層が厚いです!新商品のお披露目となります。

001_20111205174744.jpg

「天の戸・吟泉(あまのと・ぎんせん)」という純米酒です。

浅舞酒造では昨年、平成二十二酒造年度より【全量純米仕込み】に移行しました。

この事は当ブログでもお知らせしたのですが、いよいよその全貌が少しづつですが明らかになってきました。

第一弾としましてこの「吟泉」です。

米麹に「吟の精」掛け米に「秋田酒こまち」を使用しています。

勿論特別栽培米規格の「無濾過純米酒」です。

003_20111205174744.jpg

詳細はラベルの横を参考にしてください。

補足としまして日本酒度+2

酸度1,8

アミノ酸度1,2 となっています。

精米歩合に関しましては今年度は65%となっていますが、

その年の米の状況により変わる可能性があるそうです。

この「吟泉」でも純米化のテーマである「飲みごたえと後味スッキリ」を形にしたそうです。

まだ到着したてなので試飲してませんが当然期待出来る一本ですね。

今回1,800ml(1升)と720ml(4合)を揃えました。

価格は1升瓶が2,045円、4合瓶が1,025円(共に税込み)となります。

以前は「特別本醸造」規格で価格も100円程度高かったんですね。

やはりコストパフォーマンスの高い逸品です。

燗にも向く料理との相性も良いオールマイティーな位置づけですね。

一度お試しください。

テーマ : 知っておいて損はない!!
ジャンル : ビジネス

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。