スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛び始めました~光ステーション~

先月の下旬にNTT東日本提供の、「光ステーション」工事が行われ

今月の中旬に「無料でインターネット接続」が出来るようになりました。

NTT東日本の公衆無線LANアクセスポイントとして、

大多喜駅、観光本陣などでも使用出来る「光ステーション」として

当店でもアクセス出来るようになったのです。


001_20131018171647c1e.jpg


各社のスマートフォンに対応していますので、来店した際にはお試しください。

ですが注意していただきたい事があります。

それは「時間制限がある」という事です。

1日最大15分×2回まで、30分間は無料で使用出来ます。

002_201310181716465c1.jpg


店舗の中は勿論、店舗前の駐車場でもOKですよ。

1枚目の写真の可愛らしい「ステッカー」(約20cm四方)が、

店舗の正面ガラスに貼ってありますので目印になっています。

また写真2枚目の様に、判り辛い場合は説明書も有りますので、

お気軽にお出でください。


※ios版、アンドロイドos版共に使用方法が記載されていますので。

スポンサーサイト

テーマ : 知っておいて損はない!!
ジャンル : ビジネス

ひやおろし~竹泉・熟成ひやおろし 淋(りん)

秋の好きな香りでもあります、オレンジ色の金木犀の花も散り

いよいよ季節も進むのか?と思っていたらこの暑さです。


台風もひっきりなしに発生し、日本列島どこでも被害は大きくなっています。

また南の海上に大きそうな台風も発生しているので、警戒が必要ですね。

本来ならもう今頃は夜は涼しく、燗酒も心地良い季節になり始めるのですが、

今年は冒頭でも言いましたが、暑さが収まらず今一歩というところでしょうか。

先日のひやおろしに引き続き、当店お薦め銘柄の「竹泉」から

満を持して入荷致しました、ひやおろしのご紹介です。

「竹泉 熟成ひやおろし 淋(りん)」といいます。

001_20131011152523063.jpg


写真を見た限りでは「じぇじぇ!今までの竹泉とはラベルが違わない?」

「本当に竹泉?」といった感想を多数いただきます。

私も初めて見た時にまさにその通りだと思いました。


ただ、春以降全国各地を飛び回っている「田治米社長」の行動力が

竹泉を進化させているのは間違いありません。

このラベルもその一つではないでしょうか。


005_20131011152522568.jpg


ラベル横にはきちんと「竹泉」と表記されています。

昨年までは「二夏越しのひやおろし」という形で発売されていました。

今年からは単一米ではなく「山田錦」と「五百万石」のブレンドとなっています。

「二夏越し~」は農薬不使用米(コウノトリ育む農法米)の特別栽培米「五百万石」のみでしたが、

この「淋」は、上記五百万石を60%まで磨いた純米吟醸と、同じく60%磨いた純米吟醸 山田錦の

瓶貯蔵平成22BY(酒造年度)を中心とした割合になっています。

ブレンドされた事により単一米だけでは表現出来なかった、より深い味わいが出ているのです!

香りは米の香りがよく出ています。少し「とろっ」とした旨味と、

香ばしさも感じられました。熟成された優しい口当たりですが

やや辛口の喉越しが、今の時季の食材にピッタリです!

味わいも喉越しもグレードアップした「ひやおろし」です。

燗することで旨さも更にアップすること間違いありません。


006_201310111525214f5.jpg


このラベルも粋ですね。

「淋しがりやが 1升さげて さびしがりやに 逢いにくる」

都々逸(どどいつ)という、俳句や短歌などと同じく七五調で詠まれる詩です。

因みに都々逸は、七・七・七・五で詠まれます。
(※七・七・七・五の音数律に従うのが基本だが、
五字冠りと呼ばれる五・七・七・七・五という形式もある。)そうです。

作者不明の作品が多いらしく、幕末の志士、坂本竜馬や高杉晋作なども詠んだそうです。


価格ですが、1,800ml が 2,940円(税込み)

       720mlが  1,470円(税込み)です。


何れも数量限定品ですので、品切れの際はご容赦ください。

テーマ : そのまんまPR
ジャンル : ビジネス

19年ぶりの道路工事

この1週間で当店の前の県道が補修し終わりました。

当初の連絡では、9月30日(月)から10月5日(土)までの工期予定との事でした。

が、実際に工事が始まると早い早い!

以前(20数年前)は、地元建設会社などが請け負い、

少人数で数日間というのが当たり前だったと思います。

工事の距離はおよそ500m。決して短くは有りません。

技術の進歩や敷き詰めるアスファルトの質も変わったそうです。

道路工事ー1


初日、9月30日(月)は上り、下りの古いアスファルトを剥がします。

午前中に当店の向こう側を、午後にはこちら側を剥がし終わり、

午後5時前には終了していました。(上の写真上段2枚)

この剥がす幅も機械で様々な幅に出来るそうで、今回は2mとの事でした。

センター付近をまず削り、その後路肩側を削っていました。

因みにマンホール等のある都市部では、30cm位の幅で削るそうです。



道路工事ー2


2日目に舗装をしていくわけですが、2枚目の下段の写真からです。

ただ生憎の雨だったので翌日の10月1日(火)では有りません。

2日間(10月1日、2日)と雨だったため、10月3日(木)に行われました。

午前中に向こう側を舗装し、午後からこちら側です。

天気も変わり易く、午前中はそこそこ晴れて気温も残暑を思わせる暑さでしたね。

アスファルトからは熱い湯気が立ち上り、汗を拭いながら黙々と作業をする姿には

職人の魂が感じられました。これだけの人数(12人位)の連携は素晴らしく

店の前を通る度に、目を奪われ仕事の手が止まってしまいました。

道路工事ー3


細かい所も勿論手抜きはなく、大型ローラーが動けない箇所は人力で。

そのサポートも素早く、テキパキした作業が気持ち良いです!

大型ローラーも2種類有り、アスファルトを敷いた直後は左のローラーが、

その後に右のローラーが仕上げという感じで、これも連携良く作業していました。


道路工事ー4


舗装も順調に敷き終わり、最後に仮のセンターラインや

小学校前の横断歩道を表示する姿も。


道路工事ー5


そして最終日ですがそれが昨日10月4日(金)でした。

上の5枚目の写真下段2枚がそうですが、センターライン、路側、横断歩道引きを終え

無事に道路工事の終了となりましたが、3日間で終了したのには驚きです。


これだけの本格的な工事を目の前で見るのは実に19年振りです。

前回は平成6年、当店の近くの橋と目の前の道路の嵩上げ工事でした。

その際は数年前から仮の橋を掛け、道路を迂回させるよう結構大掛かりでした。


それ以来の目の前の工事でしたので、どこかワクワクする感覚が有りました。

音や振動はやはり堪えます。またお客様の声では入り辛い、出難い等あり、

店の売り上げにも影響は有ります。

それでも何故かそれ以上に童心に返る感覚なのでしょうか?

それって私だけですかね???


何にしても新しい道路は気持ちの良いものですね。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。