スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本酒で漬けた梅酒を自分で作ってみませんか?

関東地方が梅雨入りして早1週間経ち、季節が春から夏へと向かっています。

この時季「梅干し」や「梅酒」を作る家庭も多いかと思います。

今回は梅酒作りにあたり、少々違う漬け方をご提案致します。

一般家庭で梅酒を漬け込むアルコールとして使用するものとしては、

「焼酎甲類35度(ホワイトリカー)」が定番です。

他にはウイスキーやブランデーで漬ける方も居ますね。

今年も梅酒を作ろうと思っている方、初めて梅酒を作ってみようと思っている方、

是非「日本酒で梅酒を作ってみてください!」

今までにない味わいと感動が有りますよ。

その梅酒作りにピッタリの日本酒をご紹介します。


004_20150611134804c2b.jpg


鳥取県東伯郡(とうはくぐん)にあります、梅津(うめづ)酒造謹製の日本酒、

その名も「梅ちゃん」です。

鳥取県産山田錦を100%使用した、純米原酒です。
(純米酒表示はされていませんが、純米酒になります。)

アルコール度数は20度となっていますが、これが重要なんですね。
(注:後ほど説明致します)


005_20150611134802a99.jpg


日本酒で造られた梅酒は、焼酎で造られた梅酒より味わいがまろやか、

といった感想が多く聞かれます。

米のエキス分が多く、梅のエキスとの相乗効果で、

焼酎で漬けた梅酒よりふくよかになり、旨みの多い梅酒になるのではないでしょうか。


006_20150611134801f81.jpg


出来上がりの梅酒のアルコール分ですが、約12%となりますのでそのまま薄めずに飲めます。

ホワイトリカー35%ですと、約18%前後と高めになりますので、

そのままというより薄めた方が飲み易いと思います。

首掛けに「梅ちゃん」で作る梅酒の漬け方が書かれていますので、

梅酒初心者の方でも簡単に旨い梅酒が作れますよ。

さて、漬けてからの飲み頃ですが、やはり約1年位は待ちたいものです。

ですが、半年過ぎたあたりから、試してみても良いでしょうね。
※この頃ではアルコール度数は高め(約15%位)だと思います。

※当店で1年物の梅酒が試飲出来ますので、是非試してください。


また梅酒だけではなく、「びわ」や「いちご」等、他の果物を漬けても美味しい、

まさに「オンリーワン」の果実酒が出来るので、色々と楽しめますね。

ホームパーティーや、記念日等にも最適な飲み物となりますよ。


容量は 1,800ml(1升)のみとなり、

価格は税込み 2,590円 となります。


ここで果実酒を作る際、守らなければいけない約束事をお知らせ致します。

1.漬ける酒類のアルコール度数は必ず20%以上でなければならない。
「高いアルコール度が果実の成分浸出を早めると同時に、カビや味の劣化を抑えます。」

2.果実を漬ける際「ぶどう類」は漬けてはならない。
「※この他、果実ではないですが、米や麦、とうもろこし等でんぷんを含む穀類も駄目です。」

3.自分で楽しむ分には良いですが、販売してはいけません。

以上の事は全て酒税法で禁止されていますので注意してください。

うっかりの無い様に覚えておいてくださいね。


最後になりましたが、大事な事を言い忘れていました!

この酒はまんま飲む事も問題有りません!

そうなんです、純米原酒なので常温や、燗酒でも楽しめます。

そのまま飲む際は、アルコール度数が20度と高いので、

飲み過ぎには充分注意してくださいね。

「半分は梅酒に、半分はそのまま」という楽しみ方も出来ますね。

スポンサーサイト

主役登場!~鳴海・純米吟醸・直詰め生【山田錦】~

つい先ほど当店の冷蔵庫に入庫しました、大物新人の紹介になります。

今までご紹介してきました、勝浦市東灘醸造(あずまなだじょうぞう)謹製「鳴海(なるか)」シリーズ。

その中でも主役と言っても過言ではないでしょう、

「鳴海・純米吟醸・直詰め生・山田錦」の登場です。
(なるか・じゅんまいぎんじょう・じかづめなま・やまだにしき)


001_20150605120712ea5.jpg


堂々たるボディに風格を感じる「鳴海」のラベル。

クリーム色の地に、赤というより濃い朱色の様な文字色がとても映えます。


006_201506051207121c8.jpg


肩貼りの自己紹介にも何処か大物感が漂っています。

派手では無いと思いますが、インパクトは充分に有りますね。


005_20150605120711e75.jpg


横腹にはお馴染みのローマ字での自己紹介。


003_2015060512071045b.jpg


裏ラベルにはこれもお馴染みですが、この酒のプロフィールが載っています。

当然ながら以前紹介しました直詰めシリーズ同様、「無濾過」「生」「原酒」の「ムロナマゲン」ですね。

酵母が生きています!下手なサプリより身体に良いです!

ただ「飲み過ぎ」はいけません!!!


004_20150605120710c23.jpg


今回も容量は720mlのみですのでご了承ください。

価格は税込み 1,725円となります。


最高の酒米を半分削り、手間暇掛けて我が子の様に大事に育てた酒です。

多少の炭酸ガスのプチプチ感と、フレッシュな飲み心地を体験出来ます。

日本酒生酒の魅力を存分に堪能出来る一本となっており、

待ち侘びているファンの方も多いです。

ただ少量生産で、蔵元完売も早い商品ですので、

品切れの際はどうぞご了承ください。

※お取り置きにも対応していますので、早めにお問い合わせいただければ幸いです。


カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。