FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獺祭(だっさい)を飲んだ人も納得の生酒~鳴海(なるか)シリーズ~

そろそろ花見を意識する時季になりましたが、

そんな時にピッタリの、今だけの生酒をご紹介致します。


千葉県の勝浦市で「東灘(あずまなだ)」を醸す蔵、東灘醸造の別ブランド

「鳴海(なるか)」という非常にプレミアム的な酒が有ります。

今回は3種類の「鳴海・直詰生酒(じかづめなまざけ)」をご紹介致します。


全て「無濾過・生・原酒」、いわゆる「ムロナマゲン」と呼ばれる、

蔵で飲む味わいの美味しい生酒なのです。

その生酒を、「槽場(ふなば)で直に詰めた」という意味の酒です。


原酒ですので普通の酒より、アルコール度数が1~2度高くなり、

また僅かですが、炭酸ガスを感じられるかも知れません。

念のため開栓の際はガスがこぼれない様、

開けてからは旨すぎるので、飲み過ぎない様注意してください。

さて3種類というのは「白ラベル」「青ラベル」「赤ラベル」と、

ラベルの色で判別しています。(これは当店だけかもしれません)


まず「白ラベル」ですが、こちらは酒米ではなく飯米の千葉県産「ふさこがね」を使用した特別純米酒です。

1800mlと、720mlの容量が有りますので、価格は最後にまとめてお知らせ致します。


鳴海 特純(白)1,8


余り華やかではありませんが、生酒らしくフレッシュな香りがとても清々しく、

スッキリした飲み口が特徴の酒になっています。


鳴海(白) 3枚


次に「青ラベル」ですが、こちらは富山県産「五百万石(ごひゃくまんごく)」という、

新潟や北陸の酒造りでお馴染みの酒米を使用した、特別純米酒です。

白ラベルと同様に香りは控えめでして、旨味の乗った辛口の酒となっています。


鳴海(青)3枚


最後に「赤ラベル」ですが、秋田の酒造りでは欠かせない、

秋田県産「酒こまち」という酒米を使用した、純米吟醸酒です。

香りはメロンやバナナ等の果実の様な華やかなさで、

口当たりは少し甘めですが、キレの良いのど越しですよ。

以前獺祭(だっさい)を飲んだ事の有る人も、「これ旨かったよ!」とお気に入りでした。

事実一番先に「完売」するのが「赤ラベル」で、

東京等、都市部での人気が高いと、蔵でも言っていました。


鳴海(赤)3枚


アルコール度数など、詳細は各酒の「裏ラベル」に記載されていますので、

そちらを参考にしてください。


通常商品として醸造し、販売しているそうですが、

何分にも少量なので、夏頃(7~8月)に、蔵元完売してしまいます。

今回は早めの注文で、3種類揃える事が出来ましたが、

「○ラベルは完売です」と、いつ蔵からお達しが来ても不思議では有りません。

品切れの際はご了承ください。


価格ですが、「白ラベル」 1,800ml  2,590円

                 720ml  1,295円

        「青ラベル」  720ml  1,400円

        「赤ラベル」  720ml  1,510円

となります。いずれも「税込み価格」です。

花見に限らず、歓送迎会や、贈り物にも喜ばれる事間違いありません。

この時季だけの限定酒ですので、出来るだけ体験していただきたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。