FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「甲賀の酒」参上

すっかり秋となりました。

しかし日中は日差しが有ると、暑がりな私などは汗ばむ事もしばしば有ります。

朝、夜と昼間の温度差が一番激しい時期ですので、

体調を崩したり風邪をひく方が多いのも頷けます。

中々難しいですが、出来るだけ無理はしない様にしてください。


さて当店で取り扱っていました、「冷やおろし」や「秋上がり」ですが、

一息つきまして在庫も少なくなっています。

そこで、ニューフェイスの参上です!

滋賀県の美冨久(みふく)という酒です。


002_20151017220417a52.jpg


「美冨久・山廃純米辛口」(みふく・やまはいじゅんまいからくち)

アルコール度数:15度 使用酒米:不明 精米歩合:70%

美冨久酒造株式会社謹製の銘酒です。


大正6年(1917年)に現在の滋賀県甲賀市(こうかし)で創業しました。

清らかな鈴鹿山系の野洲川の水、琵琶湖周りの肥沃な土地での米作り。

そういった恵まれた自然環境で醸される酒のほとんどを、

「山廃仕込み」による酒造りにしている蔵です。

本物の酒造り、本格派の日本酒造りを日々精進している蔵でもあります。


004_20151017220416ff1.jpg


では「山廃純米・辛口」を飲んだ感想です。

香りですが、冷えていると一瞬ですが、「吟醸酒?」といった軽さを感じられます。

舌触り、飲み口も飲み易いです。日本酒が苦手な方にもお薦め出来ますね。

がしかし!決して薄っぺらくはありません!!!

徐々に温度が常温に近づくと、この酒の本性が現れます。

香りも純米酒らしい穏やかな、優雅な香りに変化しました。

飲み口も柔らかい、丸みのある味わいになり、最後に少しの酢っぱさが来ます。

これは冷えてる時にも多少感じられました。

これが特徴なのかも知れませんね。旨味です!

辛さはあまり感じられませんでした。山廃の割には飲み易い酒です。

ただ何度も言いますが「薄っぺらい酒では無いです!」

裏ラベルに記載されている通りです。


蔵で醸されている山廃仕込みの酒は、直ぐに飲み頃になる酒質では無い故、

蔵での貯蔵・管理して旨い、飲み頃となってから出荷される酒が多いです。

より良い状態で飲んで欲しいという、「想いが伝わってくる酒」でもあります。


冷やして、常温でこの様なポテンシャルですから、

燗酒にしたら爆発的な旨さを発揮するかも知れません。

今でしたら試飲出来ますので、一度お試しください。


容量は今回は720ml(4合)のみとなります。

価格は税込 1,125円

とてもコストパフォーマンスの高い酒です。


今回は720mlのみとしましたが、今後は1,800ml(1升)も取り揃えたいと思います。

これからの季節には合う酒ですよ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。